スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玄武メイメイパでベルゼブブ降臨!

降臨攻略第14回、ベルゼブブ降臨です。


ベルゼブブ降臨は昨年10月に実装された降臨ダンジョンです。
ダンジョンの特徴としては敵が毒ドロップを作ってくる毒変換で、毒攻撃が初実装されたダンジョンです。

ダンジョンは闇属性が中心で、道中は特殊攻撃をしてくる敵が少ない単純なダンジョンです。
3階のアモンorアスタロト戦では少し注意が必要なくらいでしょうか。
ボスのベルゼブブはHPが非常に多いものの攻撃力は低めで、殴り合いもできるダンジョンとなっております。

毒ドロップ生成の都合上、盤面全体を変換できる陣スキルを持つパーティだと攻略が楽です。
また、ボス戦やアスタロト戦で殴りあう場合は回復力が重要となるので、回復力が高めのパーティが良いでしょう。
色々スキルを使えば殴り合いを拒否できたりもするので降臨ダンジョンとしては簡単な難易度。


メイメイでの攻略パはこんなで
IMG_1635.jpg

属性相性が有利で、道中も特に問題ないのでサブはかなり自由に選ぶことができます。
回復力が高いと安定する&階層数が少なくてスキル溜めがしにくいため光メタトロンがおススメです。
今回は属性で有利な光属性であるアテナを入れ、安定のためにヨミを採用しています。


・1階 ケルベロス×2
IMG_1636.jpg

いつものケルベロスと同じく即死級のダメージを持つので開幕でワンキルしましょう。
闇メイメイなら欠損が少ないので楽。

・2階 ティアマット
IMG_1637.jpg

先制毒変換、その後は攻撃と毒変換を交互に使います。
2ターン行動かつ攻撃力も並なので特に問題はないです。
必要ならここでスキルを溜めましょう。

・3階 アモンorアスタロト
IMG_1638.jpg

アモンの場合
先制でLFがバインドされますがHPが50000くらいしかないのでサブのみの等倍で倒せます。
攻撃は約10000ダメなのでなんとか耐久しながら戦えるレベル。
メタトロンでバインドを解除すれば事故なし。

アスタロトの場合
先制暗闇、高防御低HPです。
攻撃は回復→ランダム変換+4500ダメの変換攻撃か75%の割合ダメ、低HP時は13000の連続攻撃。
回復が消されるので厄介ですが副属性が多く入っているパーティならだいたい死ぬ前に突破できるでしょう。
このパーティではピンチにメタトロンを使うことでやはり事故なし。
道中ではアスタロトが厄介なのでリリスやラーを入れてくるのはアリですね。

・4階 ベリアル
IMG_1639.jpg

3ターン待っていてくれるのでその間に倒しましょう。
ただしベリアルは火属性かつHPも多いのでスキルなしで削りきれるかは微妙なところ。
間に合わなさそうであれば陣をひとつ使っても良いでしょう。
(そのためにサブにもメイメイを入れています)

・5階 ベルゼブブ
IMG_1640.jpg

先制9000くらいのダメージ。
その後は毒変換と攻撃を交互に繰り返します。
闇属性のうちは耐えられる程度の攻撃力しかないのでガンガン殴りあいをしましょう。

水属性になったあたりで陣を使い、一気にけずります。
すると毒陣準備→盤面全て毒変換という流れで行動してきます。
七星陣をひとつ残しておき、全部毒になったときに使えば毒が消えるので問題ありません。
(だいたいはこれをされる前に削りきれます。)

IMG_1641.jpg


まとめ
・属性相性が有利なので簡単
・アスタロトとアモンの対策をしておくと安定
・毒ドロップは陣で消せる


アスタロトとアモンはどちらが出ても赤おでんで一発で倒せます。
メイメイパには入れにくいですが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユー

Author:ユー
パズドラ暦1年半くらい、ランク500後半のパズドラーです。
メイメイ、ヴェルダンディなどを使って楽しんでます。

ブログではメイメイパでのダンジョンの攻略や考察などを書いていきたいと思います。

パズドラID:109,394,386
※フレンド申請は大歓迎ですが全てを承認することはできません。ご了承ください。

このブログについて
(2014年7月22日 更新しました)

―おススメ記事―
究極進化メイメイの特徴と運用
メイメイパの作り方とサブ選定
メイメイパの編成例
メイメイパで降臨攻略

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。